後ろ姿

よくそう言いますね


仕事の師匠として お会いしてから来年で30年が経ちます
右も左もどころか 前も後ろもわからない田舎者に「人」、、、を教えてくれたような気がします

どんなに迷惑をかけても叱られたことはなかった
諭してくれるように 自分の子供のように接してもらえた

技術は間違いなく お店もいつもお客さんでいっぱい、、、見習いの頃は絶えることのないお客さんを恨んだりしていました
それでも先生はいつも笑顔 当時は54歳ぐらいだったと思います
パワフル!!

そんな先生の道具を磨かせてもらいながら 色々情報を集めて 真似る こだわりをぬすむ日々
自分から問いかけなければ あまり細かなことは要求されず
観察されていたのかも、、、

悩んだ時の 心強さは何とも言えない

そんな 先生が先日亡くなられた連絡が突然
悲しいです
感謝しても足りない 足りない 話しかけてほしい 肩をたたいて励ましてほしい

先生はじめご家族の皆さんにだけ 上京してから唯一甘えられた大切な人たちです
感謝の気持ちを込めてこれからも仕事に精進していきますね

ありがとうございました

LINEで送る
Pocket