油断

私の感覚では一年くらい

しかし、実際には四年の月日が流れていました。

ある本を読み終えたのは四年前。その新書を閉じてすぐ、次回作への期待を胸に置き、本を置き。そこから経た時間は四年間。好きな作家の事を、すっかり忘れていたのは何故なのか。

雑誌の中の連載の、題名の隣に名前を見つけて、喉から飛び出す心臓を まずしまう。
「そんなに好きじゃなかったのかな❓」と、溜まった著作を大人買い、後 むさぼり読めば
とんでもない。
大好きな作家は、やっぱり大好きな作家で。つむぐ言葉に、言い回しに、言葉の使い方と崩し方。捉え方、描写の表現 エトセトラ…。

こんな感じに、書けたらいいなと憧れる、表現あふれる著作の数々と、いましばらく

四年分、溜まったわたしの「幸せ」を、一気にむさぼる梅雨の夜。

LINEで送る
Pocket