CMC cell membrane complex

細胞被膜複合体

cmc

通常のパーマでは、薬液によりss結合を切りCMC細胞被膜複合体を軟化させて変形させることによりウェーブを作ります(おおまかな感じですが)

この作用に影響を及ぼす「温度と水分量」のバランスを空気の力でコントロールする

 機材は物々しく音もかなりします!(温泉などの脱衣所にあるジェットエアーみたいに水分を飛ばす感じ)

cmc2

cmc3

『クリ-プとは・・』 一般的に、物質に一定の温度や応力がかかり続けたときに生じる変形のこと。毛髪のCMCは常温状態ではガラス状態で安定しています。クリープに達した温度と湿度を与えることで、CMCがゆっくりストレスなく移動。ウェーブ形成ができる。

『ガラス化とは・・』 一般的に温度の低下により高分子が柔らかい状態から硬質なガラス状態になること。クリープにより形成した不安定なウェーブを、温度と湿度をコントロールしてCMCをガラス状態に戻し常温常湿状態戻すことでストレスなく固定される。

先日、お試しでこのair waveパーマを体験した方は仕上がりの柔らかさに驚いていました!

数年前に開発されたものですが、良いものは時間が経過してもいいままです。

是非興味を持たれた方はスタッフまで!!

 air wave エアーウエーブ
¥13000(税別) シャンプー、カット、スタイリング込み 
  


LINEで送る
Pocket